PC操作

医療現場を支える仕事

医療事務は、病院やクリニック等の医療機関における事務職の総称です。職場が安定しているうえに定型的な業務が多いため、求人市場において人気があります。経験者が優遇されやすい職種ですが、医療に関する知識等を身につけていれば未経験者にも十分チャンスがあります。

介護士と老人

様々にある活躍の場

介護の求人には、大別して入所系と通所系があげられます。また、高齢者施設だけではなく、障害者施設等でも介護の仕事は求められています。求人票だけで採用を申し込むのではなく、なるべくなら一度その施設等を見学しておくことが重要です。

介護士

正規職員が多いかどうか

介護福祉士の求人を探す際のポイントの一つは、正規職員が多いかどうかということです。正規職員が多い職場は、スーパーバイズを受けることができますし、定期昇給・資格手当なども期待できます。インターネットや口コミを通して、求人元の規模や職員体制などを事前に情報収集することが大事なのです。

パソコン操作

女性に人気の仕事

医療事務は女性に人気がある仕事です。求人の特徴として、全国どこででも求人がある、経験があれば再就職しやすい、待遇が安定しやすいといったものがあります。仕事を探すときは転職サイトや転職エージェント、地元の情報誌などを併用して探すのがおすすめです。

老人

良い仕事を見つけるコツ

有料老人ホームやデイサービスの仕事を専門に紹介するサイトを活用するのが、転職に最適な介護関連の求人を効率的に探すコツです。未経験者の場合には入社後のサポート体制にこだわるべきであり、モデル年収を比較するのが、好条件の仕事を見つけるテクニックです。

資格取得を目指すのもあり

介護士と老人

基本給か総支給額か

超高齢社会を迎える日本社会において、介護人材の確保は喫緊の課題です。様々な介護保険サービスがありますが、多くの事業所では随時求人を出しており、介護の業界で働きたい人にとっては、採用されやすい状況にあります。特に介護福祉士の有資格者は、必要とされる人材として重宝されます。さて、労働者にとって最も重要なのが賃金です。求人票にはさまざまな形で賃金について掲載されています。注意すべきは、求人票に掲載されている賃金が、基本給なのか、総支給額なのかです。基本給の場合は、それにプラスして通勤手当や住宅手当、夜勤手当などが支給される場合があります。また事業所によっては、介護福祉士有資格者でしたら、資格手当も支給される場合があります。総支給額の場合、こうした各種資格も含めたところでの求人票掲載となりますので、この辺りはきちんと確認しておくことが大事です。つまり、一見月額の賃金が高いように見えても、基本給自体は低く抑えられている場合があるのです。また、ベースアップがある事業所なのかも確認しておく必要があります。初任給が少なくても、ベースアップがきちんとなされている事業所であれば、将来を見据えれば、トータルとしては収入が多くなることもあります。これも求人票に掲載している場合がありますので確認が必要です。また、事業所によっては介護福祉士等への資格へは手当ではなく、基本給のベースアップで対応される場合もあります。採用時は資格はなくても、仕事をしながら介護福祉士を目指すこともでき、資格取得ができれば、賃金に反映されることもありますので、スキルアップの意味も含めてチャレンジするとよいのかもしれません。