様々にある活躍の場

介護士と老人

入所系と通所系があります

介護職の求人といっても、その種類は様々あります。大別すれば、入所系と通所系とあります。入所系の場合は、特別養護老人ホームや老人保健施設、グループホームなどがあります。これらは、要介護度が高い方や認知症の方などが入所されるので、重度の介護が想定されます。また、日勤・夜勤・早出・遅出といったように、勤務時間はシフト性になることが大半です。いい意味でとらえれば、子どもの学校の用事等にあわせ、ある程度平日に休みがとりやすい仕事ではあります。また、有料老人ホームも急速に増えていますので、そこでの介護職の求人も増えています。通所系の場合は、デイサービスやデイケアといったものがあげられます。デイサービス等については、各事業所で特色があり、リハビリ重視だったり、生活支援重視だったりします。求人票だけでは分からないこともあるので、採用試験等の前に施設を見学しておくことも良いでしょう。通所ですから夜勤はありませんが、早出・遅出のシフト性の現場がほとんどです。また、通所系の場合入浴介護専門といった求人がある場合もあります。短時間での求人で割合給料も高いので働く側とすればメリットもありますが、ずっと風呂場にいることになりますので、体力勝負の仕事ではあります。また、介護の仕事は高齢者だけのものではなく、障害者施設でも重要な仕事です。障害者施設でも入所系・通所系とあり、またサービス体系も多岐、生活支援や就労支援、生活介護等多岐にわたりますので、求人がある場合は、どのような施設でどのような業務なのかをよく確認することが当然必要になります。何はともあれ、介護と言っても、その活躍の場は様々です。事前に多くの情報を集めておくことと、採用前に一度見学に行っておくことが、重要なことでしょう。