正規職員が多いかどうか

介護士

事前の情報収集が大事

介護福祉士の求人を探す際、よい職場に出会うためのポイントの一つは、正規職員が多いかどうか、という点です。正規職員が少ない職場に正規職員として採用された場合、新人なのにグループリーダーなどの立場となってしまうことが多々あります。自分の仕事を覚えるだけではなく、パート職員等の管理・指導まですることになります。もちろん、他事業所で経験を積み上げている人ならそれも良いかもしれませんが、新卒等での就職活動の場合は意識しておくとよいでしょう。またパート職員ばかりの職場であれば、事業主が人件費を抑えようとしている可能性もあります。また、人材の入れ替わりが多い職場である可能性も否定できません。こうした事業所の場合、頻繁に求人を出している場合あありますので、ここも就職活動の際のポイントです。正規職員かつ介護福祉士有資格者が多い職場に出会えたら、きちんとスーパーバイズを受けることができ、経験が少ない人でも安心です。また、給与面でも定期昇給・資格手当なども期待できます。さて、介護福祉士の求人を探す場合、インターネット等でも情報収集をすることができます。ハローワークはもちろん、全国社会福祉協議会が運営している「福祉のお仕事」というサイトでも、全国各地の求人を探すことができますので、利用してみるとよいでしょう。それらを利用しつつ、求人元の情報を収集するとともに、求人元が近くにある場合は口コミで上記のことを含め、情報収集すると良いでしょう。当たり前のことかもしれませんが、介護福祉士の仕事を探す場合は、その事業所がどのような規模・職員体制なのかを事前に情報収集しておくことが大事なのです。