医療現場を支える仕事

PC操作

定型的な事務作業が多い

医療機関からの求人は、仕事が景気などにあまり左右されず安定していることから高い人気があります。ただ、医師はもちろんのこと、看護師や検査技師など、多くの職種は専門性が高いため誰でも求人に応募できるというわけではありません。そんな中、比較的手軽に目指せる仕事として知られているのが、医療事務です。医療事務は病院や診療所等における事務を取り扱う職種で、窓口での受付や会計、カルテをはじめとする書類の整理などがおなじみです。もちろん通常のオフィスと同様の総務・人事・秘書といった業務もあります。医療事務の仕事は、定型的な内容が多いのが特徴となっています。これは医療機関の運営が法令等によってかなり細かく規定されているため、一度覚えた知識や技能は他の職場でも役立ちます。また、年齢によるハンデもそれほどありません。そのため、医療事務の求人に関しては経験者が有利になる傾向が高いとされています。では、未経験者にチャンスはないのかというと決してそのようなことはなく、人員に比較的余裕のある大病院を中心に、求人の際に未経験者歓迎の旨を表明している医療機関も少なくありません。ただ、医療事務の仕事には医学や医療保険制度等に関する知識が必要となります。そのため未経験者は資格スクールなどでこうした知識をあらかじめ学んでおくと、応募時に即戦力をアピールすることができます。また、近年は医療の現場でもIT化が進んでいるため、パソコン操作なども身につけておくのが望ましいとされています。